隕石ってそもそも??

隕石とは、みなさんが想像の通り、

空から降ってくる、天からの贈り物です。

宇宙から石が落ちて来るなんて、

信じられませんよね。

ですが、実際に大昔。

天から石が降ってくるなど信じられん!!と

人々は言ってました。

しかし、ドイツの科学者である、クラドニ博士が

『隕石は宇宙からやってきた!

大気中を通過する時は大流星として見える!

そして地上に落ちて来るのだ!!』と明らかにされたのです。

 

しかもそれは1794年。

今から230年程前の話なのです。

コレ以来、雷鳴のような大反響を呼び、

地球上に落ちてくる”地球外天体”である隕石が

誰もが知る存在になったと言われています。

 

まだ・・・隕石が主流になって230年って

歴史が浅いんです。

隕石はでも、

いつ、どこに落ちてくるかなんてわかりません。

実際に2013年いロシアに落下していますが、

幸いなことに死者は出ませんだしたが、

一種の自然災害です・・・。

大都会に落ちてしまうと

被害は尋常ではありません。

ですので、今、世界のいろいろな所で

小惑星に対しての会議が開催されているようです。

 

隕石は限りない資源です。

希少価値がつくのは

当然かもしれませんね。

希少だからこそ、

そこに夢や希望が入ってるのかもしれませんね✨

太陽系の奥が深い、天体の誕生の秘密も

限りなく詰まっています。

 

空から降って来る、

鉄の塊のパワーをみなさんも感じられますように☆彡

 

 

 

マリコ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です